借金返済が遅れそうになった時の正しい対処の仕方とアドバイス

消費者金融や銀行のカードローンで借金をしていて、次の指定返済日までに生憎全ての額を支払いできないと予想される場合は、速やかに借入先の会社の相談窓口に連絡するのが賢い対処法です。
中には新生銀行のレイクのように公式ページの会員メニューから任意で返済日を変更できる事もあるので、くれぐれも無断での支払い遅れは避けましょう。
消費者金融や銀行での借金返済できないで遅れる場合は、借りた日数分の利息に加えて、遅延した日数の損害金も合わせて支払って初めて完済と認められます。
遅延損害金は通常の利息より高い数字で設定されているので、借金する時は予め今の自分の収入額に応じた返済計画を立てておく事が必要です。
消費者金融や銀行カードローンは、返済方法も一括方式しか扱っていないという訳ではなく、リボルビング方式や月々定額での支払いにも応じているので、遠慮なくコールセンターに相談して直接アドバイスを受けるのも良いでしょう。
少しでも借金の返済負担を抑えたいなら、無利息プランを定期的に利用できる消費者金融のノーローンや、大手銀行よりも極めて低金利で借りれる楽天銀行などのネット銀行のカードローンは大変お勧めです。
それと同時に、インターネットや提携銀行ATMで借入返済する時に掛かる手数料が終日ゼロ円の所だと、尚余計なコスト負担も抑えられます。
このような事から、金利や顧客サービスにメリットが多い借入先に借金を思い切って1本に纏めてしまうのも有効でしょう。
一番やってはいけないことは、返済ができないことを黙っていることです。
どうしても返済ができない時は、正直に相談することをおすすめします。

安易な気持ちでのカード利用ほど怖いものはない

20歳を過ぎてクレジットカードを契約する人は多いですが、このポイントにつられて安易な気持ちで利用することは非常に危険なことです。クレジットカードでは1%前後のポイントがつきますので、現金の支払いよりお得にはなります。ただしこれはきちんとお金の管理が出来る人に限ったことです。クレジットカードは後払いの契約ですので、今手元にお金がないという人でもカード番号だけですぐにお買い物が出来てしまいます。すると自分がお金持ちになったような錯覚もしてしまうものです。さらに限度額は自分の収入以上だということもザラですから、ついつい使いすぎてしまったり、結局返済額が大きくなりすぎてリボ払いをしてしまうことになります。
クレジットカード会社はこのリボ払いの金利手数料で儲けています。1%のポイントがもらえるとしても毎月リボ払いで10倍以上の金利を払っていては意味がありません。1%なんて何の足しにもなりません。クレジットカードは未来の自分に借金しているということを忘れずに、計画的に使う必要があります。もし使うとしたら、毎月いくらまで使ってもいいのか、今いくら使ったのかをきっちりと記録して管理していかなくてはいけません。
大きな借金を作ってしまった人のスタートがクレジットカードでのショッピングだったということは、よくある話です。安易な気持ちで利用するうちに返済できなくなって、消費者金融に頼ることになっては更に金利の高い返済をすることにもなります。だからこそ、クレジットカードでの支払いはたとえ一括払いだとしても、本当にそこまでのリスクを負う価値があるのか一度考えてみる必要がありますね。

借金問題を解決したい 任意整理を有利に進めるには

借金を抱えてどうしようもなくなったら任意整理で解決するのも一つの手です。ここでは任意整理を成功させるにはどうするのか勉強しましょう。
・専門家を味方につける
任意整理を成功に導きたいなら専門家の力を借りたいものです。任意整理とやはり貸金業者との交渉が重要事項になります。任意整理の返済条件というのは貸金業者と相談したうえでお互いの合意により成立するものです。それから返済が開始されます。ですからより負担が少ない返済条件で合意するためには、貸金業との交渉をうまくしていかないといけません。もしも個人で任意整理を行う時には借金しているのがこちら側という事もあり、あまり強く出れません。ですが専門家の人が交渉する時には負い目はありませんし、知識に関しても貸金業者側を上回ります。ですから有利に交渉を進める事が出来ると言えるのです。もちろん専門家の中でも任意整理の経験が豊富な人に依頼するとよりいいでしょう。        
このような理由から任意整理をするなら個人で行うよりも専門家の力を借りる方が有利です。借金が返せないでどうしようもない時には任意整理も一つの選択肢です。そして任意整理を成功に導くためにも専門家に協力を依頼しましょう。

派手な演出のパチンコに嵌って借金

借金する理由で多いのはギャンブルなのだそうですけど、私の場合パチンコに嵌って借金をしてしまいました。この頃のパチンコというのは画面の表示が非常に派手で、人を惹きつけやすいような気がします。まんまとそれに嵌ってしまったという訳なんですね。勝ったり負けたりしていた時は収支はトントンぐらいになっていたのですけど、ある時からマイナスの方が大きくなり、仕方なく消費者金融で借金をするに至ってしまったのです。

借金した時の利息というのは想像以上に大きい物だというのを実感したのはこの時でした。相当な金額を支払った様な気がしていたのですけど、利息の分がありますから中々借金そのものが減って行かないんですね。ただ、借金し始めの内にこの事実に気が付けたというのは不幸中の幸いだと思います。金額的には100万円ぐらい借りていたと思うのですけど、頑張って2年間かけて返済する事ができました。

こんな事なら初めからギャンブルに嵌らなければ良かったという感じなのですけど、実際魅力的なものが沢山あるんですよね。今は見るだけで満足しているのですが、我慢できなくなったらまた同じような事になってしまうのかも知れません。皆さんも注意してくださいね。

借金を返しやすくなるおまとめローン

複数の業者から借金をしている場合には、まとめて払ってしまったほうが余計なお金を払う必要がなくなってきます。
借金を複数の業者から借りていると、その分利息を払うことになってしまいます。利息を高く設定している業者だと、毎月かなり高額な利息を払うことになり、手元にお金が残りません。借金を払うほかに日常生活の維持を行うためにもお金は必要になってくるので、おまとめローンを利用して賢く返済を行ってみましょう。
おまとめローンは、複数の業者からの借金を、一つにまとめて払っていくことができるサービスになっています。一つにまとめることで利息を払う必要もなくなり、その分だけ借金の返済に回すことができるのです。今まで余計なお金を払い続けてきた人も、お金を生活費に使えるようになり、生活苦からも抜け出せるようになるでしょう。
ただし、おまとめローンを利用する場合には、利息が低くなっているところを選ばないといけません。借金を一つにまとめれば、払う金額も低くなってくると安易に考えていると、利息が高い業者に申し込むことになり結局まとめる前と払う金額があまり変わらないケースも存在しているのです。おまとめローンを利用するからには、返済する金額を出来るだけ抑えないといけません。申込みを行う前には、かかる利息について比較したうえで安くなっている業者に申し込んでみるとよいでしょう。
ちょっと工夫を行うことで、借金をお得に返済することができます。

借金は人の人生を大きく左右します

人の人生には転機となる時が何度か訪れますが、そのきっかけに良く借金がなります。
借金をした事によって、その後の人生が大きく変化したと言う人は少なくはないはずです。
例えば借金をして起業をして、その事業が上手く行き、大企業となったと言う話を聞きます。
借金をしなければ起業が出来ず、大企業が作られる事もなかったわけですから、借金がその人の人生を大きく変えるだけでなく、社会全体にも影響を与えると言う事が分かります。
また借金をしてマイホームを購入して、幸せな生活を手に入れている人も多いはずです。
若し借金をしないでマイホームを手に入れようとしたら、マイホームが買えるほどのお金が貯まるのを待たなければなりませんから、幸せな生活がずっと先になってしまいます。
つまり借金をする事によって、幸せな生活を前倒しする事が出来るのです。
この様に借金と言うのは、人に大きな幸せをもたらせてくれる物だと言えます。
ですがその一方で、借金をした事がきっかけとなり、その後の人生が悪化してしまったという人も多いはずです。
借金が返せなくなり、借金を返す為にまた借金をして、多重債務者になってしまっている人も最近は増えて来ています。
この様に借金を境にして、人生と言うのは大きく変化しますから、借金をする場合にはそれなりの覚悟を持って臨む事が大事です。

ビジネスのための借金の体験談

借金というと、生活のためにするものだというイメージが強いはずです。テレビドラマなどでは見るからに貧しいボロアパートにヤクザのような風貌の借金取りが押し寄せるというシーンを誰もが目にしたことがあるのではないでしょうか。
因みに私の体験した借金はそのようなものとは少し違います。生活のために借金したのではないのです。ビジネス拡大のための投資として借金をしました。私は実はアイドルのプロデュースをしています。もちろんAKB48やももいろクローバーZのような有名なものでは決してありません。いわば地下アイドルのような存在です。そんな自分でプロデュースしたアイドルをもっと売れるようにするために、知名度アップを目的とした動画を作りたかったのです。その動画をユーチューブにアップすることによる知名度アップがしたかったということです。いわばちょっとしたロケを伴うバラエティー番組を作るために必要となる資金が必要でした。もちろん低予算の番組のため、CMでも頻繁に目にする有名な消費者金融から40万円を借金しました。この程度の額であれば、今の時代は本当にあっけないぐらいに簡単に借金ができます。この借金のおかげでどれだけの効果を上げることができるか、現在ワクワクしている所です。

厄介な親の借金は子供も連帯責任で返す必要があるの?!

今の時代、親が大きな借金をしている世帯は少なくないですが、その場合は子供がわざわざ代理で返済する義務を負う事はありません。
ただ借金の保証人になってた場合は、借主が親戚や知人であっても債務を代わりに完済する義務が生じ、返済が出来ない時は保証人でも破産手続きなどを踏まないといけません。
又、同意も無いのに借金の保証人にされていた場合は、権利を無効にするように借金している債権先に交渉を申し出る事も可能で、なかなか応じてくれない時は弁護士のサポートを得て訴訟を起こすなどアクションを起こす必要があります。
一方、親が借金を抱えたまま死亡した場合は、遺産相続をするかしないかで残額の借金返済を子供が行うか行わないかを明確にする事ができます。
もし一切の債務返済の義務を負いたくない場合は、親の遺した貯金や不動産も含めて遺産は相続しない意思を明示しないといけません。
子供の収入で債務を返せる範囲の借金額であれば、そのまま遺産を引き継いでも良いですが、余りに膨大な額な場合は死後3ヶ月以内に遺産相続の放棄を申し出る事も視野に入れておいたほうが良いです。
ただ殆どの親は子供より先に逝く事が多いので、高齢で借金を抱えてる事を生存中に把握してる場合は、子供のほうから債務整理を提案するのもベストな選択です。
債務整理の種類は自己破産でなくとも、借金が半分近くに減る個人再生や利息カットできる任意整理なども選べるので、一番家庭にとって良い要素が残る手段を選びましょう。

借金をする時に絶対に必要な二つのこと

借金は必要がなければしない方がよいことは誰でもわかっていることです。
しかし、それでもお金が必要になり、借金をしなければならないことは少なくありません。借金をする場合にはそのお金に利息がつくのか、利息を払わないで借りることができるお金なのかで借金の質はずいぶん変わってくるといっていいでしょう。
もちろん、しっかりした心得を持ってしなければならないのは利息の必要な借金で、そのような借金をする場合に絶対に必要な心得が二つあります。
1つ目には借金をする場合には必要最低限のお金にしておくことです。後から追加で必要になるかもしれないということで必要よりも多めに借金をすることは絶対避けるべきです。たとえ一円なりともその借金は借りればかならず利息を付けて返さなければならないお金なのですから。後で必要になることがあればそれはそれで別の借金をするべきで必要ないかもしれない借金は避けなければなりません。
2つ目には借金はなるべく短期に返済してしまうということです。利息のかかるお金は先に返済は先に利息に充当され、元本はそのあとに充当されることが多いですから、早く返済すれば元本が早く減っていき、利息もそれだけ少なくなりますから、繰り上げ返済などの制度を使いながら一刻も早く返済すべきです。

「クレジットカード」という名の借金

クレジットカードは、あれば何かと便利なアイテムだ。カードひとつで買い物ができ、急な用立てがあった時にはお金まで貸してくれる。私も何枚か持っているが、夫は一枚も持っていない。
「クレジットって、結局”借金”だろ? それだけで何かもう、気分悪い」のだそうだ。

確かに、買い物にしろキャッシングにしろ、使った時点でこちらの負債になる。後日、指定の支払日に口座から使った分だけ引き落とされることで、取引が完了するまでの間は間違いなく「借金を背負っている」に等しい状態なのだ。

なのに、その自覚が実際に消費者金融などを通したものよりも薄いのは、CMなどで人気タレントが「カッコ良く」使っているのを視ているからなのだと思う。また、一部のカード会社ではポイント制度を付加して、「カードを使ってポイントを貯めよう」などと、ガンガン購買心を煽ってくる。

財布からお金を取り出し、お釣りとレシートを受け取る過程がないと、どうしても「お金を使った」という感覚が薄くなってしまう。だから、引き落としの連絡メールが来て、その金額にビックリすることもしばしばだ。

持たなければ、そういう心配すらなくなる、というのが夫の言い分。三枚ある私のカード全て、せめてどれか一枚でも解約して欲しいらしい。
クレジットカードというと「社会人として一枚は持ってて当たり前」的な、便利なものである一方、使い方によっては金銭感覚を狂わせる諸刃の剣だ。今、真剣に解約を検討している。